ベビーカー購入を検討している人必見!知っておくと良い情報!

ベビーカーはいつから使い始めても大丈夫?

子供が産まれると移動の時に、ベビーカーを使う人も多いですよね。でもベビーカーは一体いつ頃から使うことが出来るのかというと、ベビーカーの種類にもよりますが、早いもので生後28日頃から使うことが出来るんですよ。その為1カ月健診の時には、もうベビーカーを使っても問題ないという事になりますよね。ただ月齢が小さい赤ちゃんの場合、あまり衝撃を与え続けるのも良くないので、長時間のベビーカーの移動は極力避け、どうしても移動しなければいけない場合はこまめに休憩を取るようにしてくださいね。

ベビーカーの種類にはどんなものがあるの?

ベビーカーには主にA型・B型・AB兼用・バギーの4種類あるんですよ。A型ベビーカーは生後28日頃~2歳ごろまで使え、シートを倒したり起こしたりできるタイプのものなんですよ。またとても丈夫なのですが、丈夫な分どっしり重く大きいのが特徴です。B型ベビーカーは座った状態でのるタイプで、お座りが出来るくらいの生後7カ月頃から使えます。A型よりも軽く持ち運びしやすいのが特徴なんですよ。AB兼用ベビーカーは寝たままでも座ったままでも乗ることが出来るベビーカーです。またB型と同じくらいの軽さなので持ち運びも便利なのですが、安全性や振動などと対策はA型よりも劣る為、生後2カ月頃から使用できるんですよ。バギータイプはB型よりも軽く折りたたみが出来るものです。ただ振動対策などはあまりできていないので、長時間乗せることは避けてくださいね。

月齢や用途によって使い分けよう!

ベビーカーと一言に言っても種類もいくつかあり、それぞれに特色がありますよね。その為出来れば月齢や用途によって使い分けるといいですよ。例えば月齢の浅い赤ちゃんには生後28日目から使えるA型ベビーカーを、生後7カ月のお座りが出来るようになった頃には、軽くて持ち運びが便利なB型ベビーカーといったようにするといいです。1つのベビーカーを出来るだけ使いたいという人は、AB兼用がお勧めですよ。また電車やバスなどを利用する場合は、B型よりもさらに軽くて折りたたみも出来るバキーがお勧めですよ。

ベビー用品のレンタルをする事によって、成長すると必要ではなくなる用品を処分する必要が無くなりますので、とても便利です。