規模と想定来場数を勘案して!最適なイベント会場選び

参加来場人数を把握する

展覧会であれライブであれ、何かしら自ら主催のイベントを開催する場合そこに一度に集う来場人数を正確に想定し場所選びをする事が大事でしょう。例えば、狭い公民館程度の専用スペースしか確保していなかったのに想定を大きく超える入場者があった場合、イベント会場に入れない多くの人々が発生し不満を持たれてしまうばかりか、会場周囲のスペースや近隣にまで迷惑が及んでしまうケースもあるのです。当日になってからでは殆ど対策は取れませんから、慎重に行いたいところです。

会場の規模はどれくらいにするか?

一口にイベント会場といってもその規模は様々ですよね。おそらく身内や知人等の参加者がメインを成すであろうプライベートな小規模個展であれば、ちょっとした美術展示スペースをレンタルする方法がありますし、それこそ公民館等の会議室を利用すれば事足りるでしょう。公共の施設はインテリア的に特別目立つものではありませんが、レンタル料金の安さは何と言っても魅力的。個人開催で資金確保に苦労する様なら、考えておきたい手段ですよね。

事前告知に力を入れるチケット制は把握も楽

ライブイベントを始め事前告知が早い上にチケットを販売し来場者を限定するイベントの場合、その参加人数を把握するのは極めて楽となるでしょう。人気のイベントの際は別途チケットを持たぬ者でも来場可能な物販スペースを設ける事もあり、そうなればそのコーナーに対する来場者の数を想定する必要も出てきます。会場の規模決定は参加者数から割り出せは容易ですが、問題は参加者の会場入場前。それなりの参加者数であれば列形成に相当のスペースを割かねばならない為、会場周囲近隣の混乱や迷惑とならない様駐車場等広めの周囲空きスペースを持った会場を選ぶのがベストです。

福岡のイベントスペースはとても広い特徴がありますので、大規模なイベントであっても大人数を収容する事が出来ます。